2018年2月4日日曜日

宇都宮市内最後の横型網目赤だけ30

引き続き県内の話題です。


栃木県内では網目レンズ世代が絶滅寸前という状態です。
ご存知の方はお分かりかと思いますが、平松本町のNS網目赤だけ30横・縦が更新されて久しいですが、実は市内でもう1か所NS網目赤だけ30が残存している所があります。
前回の記事で、古灯器リストで記載漏れしていたので序間隔で画像付きで掲載させていただきます。

宇都宮市内、越戸(こえど)通り沿いにある押しボタン式の交差点です。


やはり所々に錆がありますが、年数の割には状態はいいと思います。
昭和58年7月製造です。


2方向に2基づつ、計4基あります。


歩灯はU形世代のものでした。
後から交換されたものと思われます。


押しボタン、制御機の銘板です。
押しボタンは平成9年の製造ですが、表示部が劣化しているのか見え難い状態でした。
制御機に関しては、通常押しボタン式では押しボタン式専用の制御機が使われる事が多いですが、ここでは何故か十字路などでも使われるものになっています。


以上です。
今年初めに確認したときはまだ残存していましたが、県内の低コスト型が尋常でない程増えてきているため、状況によっては今年度~来年度には更新されるかもしれません。

2018年1月27日土曜日

低コスト型+視角制限

先述の通り、引き続き県内ネタを。

https://japan-trafficlight-info.blogspot.jp/2017/12/250mm.html
こちらで最初に紹介されている、宇都宮市下小倉町の日新製菓前の交差点。
実は県内では初見のものが潜んでいます。

前回は主道側から撮影しましたが、こちらは従道からの撮影です。


画像正面は低コスト型となっていますが、

裏側は300mmφレンズ従来灯器となっていました。
視角制限フード付きです。

信号電材と似たようなフードです。

「KO16」とありますが、2017年2月の製造です。
見難いですが、低コスト型は2017年9月なので半年以上差があります。
因みにどちらも同じタイミングで更新されたものです。





そして、初見のもの。
最初の1枚目に写っていましたが、


視角制限付きの低コスト型が設置されました!

銘板の形式は「1H253L」と通常版と同じです。


ここの交差点では計2基が設置されています。

通常に比べ、消灯時のレンズがかなり黒くなっているのが特徴です。

300mmレンズと同様、通常レンズに特殊なフィルムみたいなものが付けられている様に見える気がしますが・・・専用に造られているのかもしれません。
しかしよく見ると300mmレンズのとは微妙に違っていて、レンズ外側に光を遮る黒いものがあります。

この角度から見ると、もう殆ど見えない状態です。
筐体は低コスト型なのに、優れた機能が備わっていると思います。

通常のレンズではフードレスで、交差している側の灯火が見え見えなので、見切り発車防止の観点から、標準装備にすればいいのでは・・・と、ふと考えてしまいました。




以上です。
次回も、県内話題でいこうかと思います。

2018年1月20日土曜日

赤だけ30現存状況

(1/21一部情報修正)

先述の通りの「アレ」=赤だけ30の現存状況についてです。

これはあくまでもこれまでに見た私なりのフィーリングでの調べですので、実際の状況や他の方の調査とは異なるかもしれませんのでそこはご了承いただければと思います。



●小糸工業(コイト電工)
現存度:★★★

平成の始め~アルミ採用(平成9年頃)までの間にかなりの数が設置された模様。
他メーカーがアルミ灯器採用後も設置されたので、県内の赤だけ30丸型では現存数は恐らく1位。
国道沿いや主要幹線道路ではめっきり見かけなくなってしまったが、中小規模路線~マイナーな路線や学校前の押しボタン式などではまだまだ見かけます。
灯器の状態は良好なものが多いが、今後は低コスト灯器の進出により数を少なくしていくものとみられます。



●京三製作所
現存度:★★

こちらも小糸製と比較的近い時期にアルミ移行されたようで、まだ所々で見かけます。
小糸製より少ないのは元々数が前者より少なかった事、近年になり錆が目立ち状態が悪化している事などが少なくなっている要因として挙げられます。
私の生活圏近辺でもありましたが、次々と更新されており、低コスト灯器の導入スピードによっては5~10年以内には姿を消すかも。。。



●日本信号
現存度:☆

宇都宮市内では恐らくヤマダ電機前の押しボタン式のみ(現時点で)。
県内でもある場所は本当に僅かです。
状況によってはこの先数年で県内から姿を消してしまうかも。
(群馬県ではまだまだありますが)

現存度:★

内庇タイプは絶滅寸前という状況ですが、外庇タイプはまだ現存数はあります。
アルミ灯器に関してはNSは飽きる程の数が設置されましたが、丸型の現存数は逆転して小糸や京三が多いという現況。
県南部では所々でみられるものの、数は少ないです。



現存度:★★★★

全国でも栃木県限定のタイプ。
中小規模路線や、路地裏ではまだまだ見かけます。
赤だけ30全般としては現時点で一番多いかも。。。
オールLED化される様相が無ければここ5年くらいは安泰なのかもしれません。
ただここ数年でランプ式アルミ灯器も更新されていて、実際このタイプの灯器も更新されているのを確認したので、数は確実に少なくなってきています。



●その他
懸垂樹脂赤だけ30・・・最近確認はしていませんが現存している模様。
小糸網目赤だけ30・・・那須塩原に1か所だけ現存。
(NS製低コスト灯器[ED1191A]に更新されたという情報を頂きました)
京三網目赤だけ30・・・壬生町に1基現存。
ランプ式オール250mm・・・小山市の1か所のみ?


以上です。
次回も県内ネタですが、ある交差点のコイト製低コスト型について紹介する予定です。